シミトラブルは皮膚科で解決しよう【種類と原因を知って対策を】

女の人

治療の流れは

医師

皮膚科でシミ取り治療をするときにはどのような流れになるのでしょうか。まずは皮膚科を受診します。初診の場合などは予約が必要な場合も多いです。皮膚科のホームページや電話などで確認しておくとスムーズです。診察の際は、医師が患者のシミを診て、症状や原因に合わせて最適な治療方法を決めていきます。相談しながら決めていくこともできる場合があるので、不安な点や疑問点があれば遠慮せずに質問して相談していきましょう。美容皮膚科であれば、カウンセリングといって無料で相談ができるところも多いです。クリニックによってシステムは異なりますので、その点は事前にリサーチしておきましょう。

診察が終われば治療に入っていきます。初診では診察だけという場合もありますが、そのまま治療に進むこともあります。レーザー治療であれば、目などにレーザーが当たらないようにガードしていきます。そしてシミに対してレーザーを当てて治療していきます。痛みがある場合もあります。痛みに弱い患者は、麻酔を使用してもらうなど対応を考えましょう。また、痛みの少ないレーザー治療を選ぶという手もあります。無理をしないでよい治療方法を選択していくことが大切です。治療時間はシミにもよりますが、数分から数十分と短時間で終わることがほとんどです。

治療が終わった後は、テープなどを患部に貼って保護します。さらにクールダウンをしたり、軟膏クリームなどでケアをしたりする場合もあります。患部周辺が火照った感じや、ヒリヒリと痛むよう感覚を覚えることもありますが、次第によくなり翌日には軽減されているはずです。その後アフターケアに気をつけながら過ごします。患部のテープやかさぶたは無理に剥がさず、刺激を与えるのは避けます。1週間程度後には、経過診察で再度受診をすることになるでしょう。そして、経過の様子を見ながら月に1度程度通院できれば安心です。